第3回 運動連鎖アプローチ® 軽井沢合宿2017 アンケート結果

【開催日時】2017年6月16・17日(土・日)

受講のきっかけを教えてください

・講師(小林)より紹介してもらった
・運動連鎖アプローチセミナーに参加して知った
・友人・先輩の紹介
・運動連鎖に興味があった
・過去の合宿に参加したので
・過去にパルペーションセミナーを受けており、復習したかったので
・運動連鎖の基礎を学びたかったので
・運動連鎖道場を卒業してパルペーションについて深く学びたいと思ったため
・FACEBOOKで知った

 

一日目(芹澤)のセミナーに関してご感想・ご意見あればお聞かせください。

(13)とても良かった (4)よかった (0)よくわからなかった (0)どちらでもない
・皮膚をメインにした経験が少なかったので勉強になった
・パルペーションのやり方が良くわかった
・パルペーションを用いて「流れ」を感じながら、それを臨床につなげるのが難しかった
・普段の臨床では筋膜を意識して触察することが少なかったので新鮮だった
・パルペーションの基本的なタッチの仕方、流れをわかりやすく体験することができた
・さまざまな身体観のイメージを持つことの大切さに気付くことができた。
・流れを感じ、それを相手と共感できるところが実際に使っていけそうで自分も相手も楽しんで治療できると感じた。
など

 

ナイトセミナー(山本)に関してご感想・ご意見あればお聞かせください。

(14)とても良かった (2)よかった (1)よくわからなかった (0)どちらでもない
・(ボディーワークの)内容は良くわかったが、身体感覚の体得が難しかった
・胸椎・胸郭のやり方が良くわかった
・胸椎・胸郭だけを動かすという意識を持っていなかったのでとても新鮮だった
・山本先生のオーラがすごかった。習ったエクセサイズを自分のルーティンにしようと思った。
・逆腹式呼吸により、胸椎が暖かくなるのを感じた。
・自分の体のメンテナンスとして、教わったボディワークを続けていきたい
・自分自身の呼吸をうまく行えていないことが分かった
・山本先生の動きを見ていると自分もできそうに感じたが、難しかった
・PTが職域を拡げていくというお話に共感できた
など

 

二日目(小林)のセミナーに関してご感想・ご意見あればお聞かせください。

(15)とても良かった (2)よかった (0)よくわからなかった (0)どちらでもない
・連鎖を辿ること、たどり着いた原因部位の再検査がまだまだうまくできないので練習を重ねます
・パルペーションを行う心構えやセラピストがわの身体準備を多くの情報を例に加えて説明して頂いたのでわかりやすかった
・食についての話が面白かった
・話が楽しく、興味深いトピックスが多かった。
・学生のころから一度セミナーに参加したいと思っていた。自分の治療の幅を広げる時間を過ごすことができた
・リンク(連鎖)を辿ることがとても難しかった。自分がリラックスする事が大事だということに気付いた
・小林先生の世界観にとても引き込まれました。表現がとても分かりやすかった
・流れを感じるアライメントを知るところまではなんとなくわかるようになった。
・自分自身の好奇心の赴くままに勉強し、また楽しんで学んで行くことを知った。
・『何を触っているのか』イメージしながら臨床を行いたいと思いました。
・大きく動かす必要が無いのでリスクの大きい人や臥床の長い人にも応用できそうです。
・骨を標的に評価・治療していくという新しい評価法が少しずつできるようになったので、自分の感覚や相手の感覚を感じられるように練習したい。
ななど

 

今後軽井沢での合宿が開かれた際、参加するとすればどのような内容がご希望ですか?

・デモ・症例検討のように評価・治療アプローチ・解釈をじっくりみてみたい
・運動連鎖の臨床応用
・小林先生のセミナー
・治療からのEXをもう少し知りたい
・パルペーションで辿って行ってその後どのように臨床展開するのかを知りたい
・インソール
・読書会(人間力を高める)、ヒーリングセラピー(自律訓練など自分身体を整える)
・ボディワーク、運動療法、実技
・センタリングに興味ある

 

ご協力ありがとうございました。

ページ上部へ戻る