ブログ

骨盤と仙腸関節~Q&A~

Q.腸腰筋エクササイズの原理を説明していただけると嬉しいです。主動作筋というより股関節の安定に作用するから、不安定なボールの上で保持させることで促通になっているということでしょうか。その通りですね。これはその人の機能に応じての難易度になりますから、スポーツ選手のように特に腸腰筋などを作用させなくてもできてしまう人もいますの で、どちらかというとかなり機能障害が進んでいたり身体の調整能力が低下している人になります。ボールの上に足を乗せて保持できるということ、これは簡単 なようでなかなかのメカニズムが作用していなくては達成できないパフォーマンスです。特に変形性膝関節症のように、既に骨アライメントが垂直から内外反に 変形している場合は、下肢の床半力や運動方向そのものが腸腰筋のベクトルから外れてきます。よってリラックスして何気なく保持することは、実は常にボール の中心に足を乗せている圧のベクトルを一致させ続けなければ行けないのです。重心動揺計などにて測定すると確実にぶれている軌跡が観察されるはずです。た だそこで大切なのはボールに足をのせるという形だけに捕われないことです。
何を目的として何を意識してどのような感覚があるかをしっかりと キューすることが必須なのです。これがリハビリテーションの身体運動の専門家としてのスキルになります。もう少し言えばプロフェッショナルの分かれ目と なってくるのです。そしてそのエクササイズをエクササイズの中だけのパフォーマンスに完結させるのではなく、その先の生活のなかでの動作などへのイメージ として連続させていくことが不可欠なのです。エクササイズをすればいいことはわかっていますが、このエクササイズ主動の考え方はインストラクターレベルの 頑張りが無ければ効果が出ないということでもあるのです。だから巷の雑誌や書籍に掲載されているエクササイズをそのまま真似ても、実際に効果が実感できな い要因となっているのです。よってどれだけメディアにあらゆる専門家やトレーナーとされる人が意気揚々と出てきて説明しても、結果的にはほとんど効果は持 続しないし定着していないといっていいのです。大切な何かが足りないということなのです。そこは評価と身体感覚やイメージそして心情を察することが出来 て、さらに生活や動作というジャンクションにて考えられるセラピストとしての新たな素養が必用となってくるのです。これは理学療法士だからできるというわ けではありません。徒手療法や他動的な治療系に傾倒している限りにおいては、大切な生活という視点が足りないので、結局は実験室の中での変化に一喜一憂す るレベルとなってしまい、そのサイクルから抜け出せないことが理学療法士の社会的な認知度の広がりにまったをかけているのです。
踵へのボールは ヒールコンタクトをイメージして腸骨筋に、そして足底接地は腹部のセンター、つまり大腰筋を意識してローディングレスポンスから蹴り出しへのphaseと なります。そのこともしっかりとイメージしてもらうことが大切であり、理解が難しければ治療者側が筋の働き等をモニタリングして達成できているかどうかを フィードバックして、その時の差を感じさせてあげることが必用となるのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る